実際に使ってみておすすめ!WordPressの日本語無料テーマ15選

 WordPressはブログやアフィリエイト、ランディングページ、コーポレートサイト、ポートフォリオなどさまざまな場所に活用されています。

 WordPressでデザインや機能性に関わるのがテーマです。
 テーマとはデザインテンプレートのことで、テーマによってデザイン性や機能性、ウィジェット、カスタマイズ性などが異なります。

 適切なテーマを選べば、目的とするサイトが素早く構築可能です。

 WordPressには日本語で無料、かつ優秀なテーマがいくつかあります。
 今回の記事では日本語無料テーマについて、実際にインストールしていじった感想をレビューします。

 なお、紹介する順序がおすすめの順序です。
 おすすめの順序はカスタマイズ性、機能性、デザイン性を考慮しました。

スポンサーリンク

見た目はシンプル、中身は多機能「Cocoon」

 Cocoonは筆者が愛用しているテーマです。

 シンプルで多機能、SEO最適化がすんでおり、モバイルフレンドリーなレスポンシブデザインです。
 表示も高速で、Google PageSpeed Insightsでも高得点をたたき出します。

 Cocoonの最大の特徴は多機能さにあります。
 無料のほかのテーマでできて、Cocoonでできないことはありません。

 「Cocoon設定」では数十種類もの設定が並んでおり、さらには「吹き出し」「テンプレート」「アフィリエイトタグ」「ランキング作成」「アクセス集計」「高速化」「バックアップ」といった設定が可能です。

 特に、アフィリエイトタグ設定は非常に便利。
 アフィリエイトタグをショートコード化して、記事やウィジェットに貼り付けられます。

 また、ウィジェットを設置できる箇所も豊富です。
 タイトル下や本文中、SNSボタン下などほぼすべての箇所に設置できます。
 ウィジェットの種類は有料テーマに引けを取りません。

 Cocoonは有料テーマにも負けない多機能さですが、唯一の弱点はデザインです。
 シンプルでカスタマイズ性の高いデザインですが、デフォルトのままだとあまり完成度が高くありません。

 自分でCSSをカスタマイズできる人なら、Cocoonはおすすめ第1位。

 以下にCocoonを使って感じた点を挙げます。

  1. とにかく多機能でできないことが見つからない
  2. 多機能なのにサイト表示が高速
  3. デザインはシンプルで、CSSでカスタマイズできる人向き
  4. 機能が多いのでプラグインが最小限ですむ
  5. 当サイト「気ままな口コミ」もCocoonを使用

Cocoon公式サイト

コーポレートサイトが5分でできる1カラムテーマ「Lightning」

 Lightningは、ビジネス用にもブログにも使えるWordPressの日本語無料テーマです。
 有効インストール数6万件以上の人気を誇ります。

 Bootstrap、ブロックエディタに対応しており、1カラムと2カラムを選べます。
 トップページにはスライドショーが備わっており、ファーストビューで強い印象を与えられるデザインです。

 デザインの完成度が高く、カスタマイズせずにそのまま使えるレベルなのは嬉しいポイント。
 CSSやHTMLの知識がない初心者におすすめしたいテーマです。

 VK All in One Expansion UnitとVK BlocksがLightningの必須プラグインです。
 VK Blocksはブロックエディタの機能を拡張するプラグイン。
 VK All in One Expansion Unitは、WordPressのさまざまなカスタマイズを可能にする多機能統合型プラグインです。
 VK All in One Expansion Unitは上記の画像のように、いろいろな設定項目があります。

 くわえて、ウィジェットの種類や設置箇所も豊富です。

 実際に触った感想は以下です。

  1. デザインの完成度が段違いに高い。デフォルトでそのまま使えるレベル
  2. 必須プラグインによって知識がなくてもカスタマイズができる
  3. ウィジェットの種類、設置箇所も豊富
  4. 使いこなせば相当便利なテーマ
  5. 日本語の無料テーマの中でトップクラスにおすすめ

Lightning公式サイト

カスタマイズありきで自分らしいサイトを作れる「yStandard」

 yStandardは「自分のサイト」作りを楽しむための、カスタマイズありきな日本語無料テーマです。

 よくある「簡単できれいにサイトが作れる」ではなく、自分だけのデザインをCSSやHTMLをいじってカスタマイズする楽しみがyStandardにはあります。
 そのため、テーマ側ではなるべく装飾を減らし、シンプルなフレームワークとして提供します。

 カスタマイザ―ではかなり細かくデザインがカスタマイズ可能です。
 また、専用プラグインをインストールすることにより、さらにカスタマイズの幅が広がりサイト作りが楽しくなります。

 デザインにこだわりたい人や自分だけのサイトが作りたい人、シンプルがデザインが好きな人におすすめのテーマです。

 実際に触ってみた感想は以下。

  1. シンプルだが完成度の高いデザイン。カスタマイズ前提とされているが、デフォルトでも十分に映える
  2. デザインのカスタマイズ性がとにかく高い
  3. マニュアルがあるので初心者でもカスタマイズを楽しめる
  4. カスタマイズ性は高いが、機能性は普通。独自ウィジェットがあり、ウィジェットの配置も豊富
  5. いじっているだけでワクワクしてくるテーマ。WordPress初心者にもおすすめしたい

yStandard公式サイト

メディアサイトや個人ブログ向け「LION MEDIA」

 LION MEDIAはAMP対応・レスポンシブデザインの日本語無料テーマで、ダウンロードするには会員登録が必要です。

 メディアサイト向けテーマですが、十分に個人ブログでも使用できます。
 SEO最適化済み、表示速度が速いといった特徴があり、プラグインなしでも多くの機能が実現できます。

 触ってみた感想は以下です。

  1. ウィジェットがブロック形式になっており、種類が豊富
  2. カスタマイズメニューが豊富で、HTMLやCSSの知識なしに多くのデザイン部分をカスタマイズ可能
  3. デザインが素晴らしく、細かな部分まで完成度が高い
  4. プラグインなしでもカスタマイズからSEO設定、広告設定、CTA設定、アクセス解析設定など多種多様な設定ができる

 パンくずリストも標準で装備しており、細かい部分で内部SEOにも気を使っています。
 カスタマイズするにしても、最小限の手順でおしゃれなデザインにできるでしょう。

LION MEDIA公式サイト

デザインがおしゃれでかっこいい!個人ブログ向け「LION BLOG」

 LION BLOGはLION MEDIAのブログ版で、同じ制作者がリリースしています。
 LION MEDIAと同じくAMP対応、レスポンシブデザイン、SEO最適化、表示速度が速いなどが特徴です。

 デザインはLION MEDIAと比べるとややミニマムで、シンプルな感じがします。
 デフォルトの配色は黒と水色ですが、カスタマイズによってはおしゃれになりそう。

 実際に触ってみて感じたことは以下です。

  1. LION MEDIAと同じくブロックウィジェットで種類が豊富
  2. プラグインなしでカスタマイズから広告設定、SEO設定、CAT設定など多種多様な設定が可能
  3. 配色はカスタマイズから変更できるので、HTMLやCSSの知識なしでOK
  4. シンプルで完成度の高いデザインは配色次第でおしゃれになりそう

 特にアフィリエイトではCTA設定や広告設定が重宝しそうです。

LION BLOG公式サイト

内部SEO対策ばっちりのシンプルなテーマ「Simplicity2」

 Simplicity2の制作者はCocoonと同じ「わいひら」氏です。
 ただし、Simplicity2は機能面もシンプルにしており、Cocoonとはまた異なった特徴のテーマです。

 Simplicity2はブログ向けのテーマで、シンプルさにこだわっています。
 ブログの主役はあくまで本文との趣旨から、そのほかの要素が目立たないようにデザインされています。

 SNSボタンがデフォルトで搭載されており、記事の拡散が容易です。
 FacebookのOGPタグやTwitterのカード機能に対応しており、スムーズなシェアができます。

 触ってみた感想は以下です。

  1. ブロックウィジェットで種類が豊富
  2. カスタマイズ性は高めですが、Cocoonと比べると機能がシンプルで扱いやすい
  3. デザインがシンプルなのでカスタマイズしやすそう
  4. 設定が簡単で初心者向け
  5. サポートページでサポートが受けられる

Simplicity2公式サイト

バズ部の運営ノウハウを元に完成「Xeory」

 WordPressの日本語無料テーマ「Xeory」には2つの種類があります。
 サイト型テーマの「Xeory Extension」と、ブログ型テーマの「Xeory Base」です。

 Xeoryは可能な限りGoogleのガイドラインに沿った内部構造になっており、内部SEO対策はばっちり。
 あのバズ部が運営のノウハウを元に完成したテーマです。

 SNS連携やコンバージョン獲得が重視されたデザインになっています。

 Xeory Extensionはサイト型テーマで、1ページサイトを作ることができます。
 コーポレートサイトやランディングページ、店舗サイトなどにもぴったりでしょう。
 Xeory Baseはシンプルなブログ型テーマで、ブログとしてカスタマイズしやすいデザインです。

 どちらのテーマも会員登録することでダウンロードできます。

 実際にXeory Extensionを触ってみた感想は以下です。

  1. インストールすると「テーマ設定」「投稿」「CTA」「LP」などが出てくる
  2. CTAやLPを独自に新規追加できる
  3. 「使い方マニュアル」がかなり詳細で初心者に優しい
  4. 「初期設定」でサイトの設定が簡単にできる
  5. Xeory Extensionはデザインがとてもおしゃれ

Xeory公式サイト

ビジネス向けのサイトが簡単にできる「BizVektor」

 BizVektorはコーポレートサイト向けの日本語無料テーマです。

 柔軟性の高いデザインはどんな企業とも相性がよさそう。
 4種類のデザインスキンを搭載しており、どれも高いレベルでまとまったデザインです。
 カスタマイザ―から配色の変更も簡単。
 もちろん、レスポンシブデザイン対応です。

 テーマオプションでは「デザイン」「連絡先」「PRエリア」「お知らせ&ブログ」などさまざまな部分をワンクリックでカスタマイズできます。

 独自のウィジェットを数十種類も備えており、設置箇所も豊富です。

 デザインはきれいにまとまっており、デフォルトでもそのまま使えます。
 コーポレートサイト用なのですが、個人ブログとしても使えそうなデザインです。

 実際に使ってみた感想は以下。

  1. デザインがきれいにまとまっており、デフォルトでそのまま使えそう
  2. テーマオプションが豊富で、カスタマイズ性が高い
  3. 独自ウィジェットが数十種類あり、設置箇所も豊富
  4. オーソドックスな2カラムデザインなので、コーポレートサイト以外にブログでも使えそう
  5. どんな企業のWebサイトとしても無難にまとまりそう

BizVektor公式サイト

多機能で高速表示「Luxeritas Theme」

 Luxeritas ThemeはかなりシンプルなWordPressの日本語無料テーマです。
 SEO最適化、レスポンシブデザイン、高いカスタマイズ性が特徴。

 基本的にカスタマイズ前提で作られており、デザインは本当にシンプルです。
 ブログ型のWebサイトを構築するならLuxeritas Themeが最強との声もあります。

 ただし、カスタマイズにはCSSやHTMLの知識が必要です。
 知識のない初心者には扱いが難しいテーマかもしれません。

 以下は実際にいじってみた感想です。

  1. 「外観」→「カスタマイズ」から文字サイズやフォントファミリーのみならず、パンくずリスト、モバイル用ナビボタン、ブログカードなどいろいろなカスタマイズが可能
  2. ウィジェットの種類と設置できる箇所が豊富。ウィジェットによるカスタマイズ性が高い
  3. CSSがわかる人にとってはカスタマイズしがいのあるテーマ。わからない人にとっては扱いが難しい
  4. 全体のイメージは「ホワイト」「ブラック」で変更可能。ブラックがモノクロでかっこいい

Luxeritas Theme公式サイト

コーポレートサイトやポートフォリオにぴったりの1ページテーマ「OnePress」

 OnePressは1ページサイトを作るのにぴったりな日本語無料テーマです。
 飲食店やコーポレートサイト、ポートフォリオ、ランディングページなどに活用できます。

 スタイリッシュでシンプルなデザインと、ところどころに映えるスクロールアニメーションが特徴的。
 きれいにまとまっており、デフォルトでも使える完成度です。

 テーマの制作は海外のデベロッパーですが、OnePress自体はしっかりと日本語に対応しています。
 デモのインポート画面は残念ながら英語のまま。
 デモのインポートでは、デモサイトの完成度の高い設定を読み込めます。

 実際にいじってみた感想は以下です。

  1. 1ページサイトを作るなら土台としてあり
  2. ウィジェットが配置できるところが少ないのは減点
  3. スクロールするとエフェクトがかかるなど、デザインの完成度はそれなりに高い
  4. 問い合わせフォームが作れるプラグインが一緒にインストールされる
  5. セクションがカスタマイズできるようですが、操作がわかりづらい

OnePress公式サイト

ビジネス用途で集客に特化「Emanon Free」

 Emanon Freeはビジネス用途での集客に特化した日本語無料テーマで、ブログやWebサイト、コーポレートサイトとして使用できます。
 有料テーマであるEmanon Proの無料版という位置づけで、個人使用なら十分な性能とデザインです。

 デフォルトのままでもある程度見栄えのするデザインが、Emanon Freeの大きな特徴の1つです。
 あまりカスタマイズに手間をかけたくない人に向いているテーマでしょう。

 記事一覧のレイアウトは4パターンから選べます。
 ただし、カスタマイズ性は高くありませんので、欲しい機能がある場合はプラグインの追加が必要でしょう。

 以下は実際に使ってみた印象です。

  1. モノトーンのシンプルなデザインはそのままでも使える
  2. カスタマイズ性、機能性については高くないのでプラグイン必須
  3. 良くも悪くも「WordPressの無料テーマ」といった印象で無難
  4. マニュアルがあるので初心者にとっては操作しやすいテーマ

Emanon Free公式サイト

ビジネス・コーポレートサイト向け「BusinessPress」

 海外には美しいビジネス向けのテーマがたくさんありますが、日本ではあまり提供されていません。
 そこで、BusinessPressは、「日本でも高品質なビジネステーマを提供する」を目的としています。

 名前の通り、 BusinessPressはビジネス用のテーマです。

 BusinessPressはカスタマイザ―を利用することでロゴやヘッダー、配色などのカスタマイズができます。

 コーポレートサイトや企業、店舗などで利用を検討したいテーマです。

 実際に触ってみた感想は以下です。

  1. デザインはデフォルトからいじる必要がありそう
  2. カスタマイズ性は高くなく、良くも悪くも無料のWordPressテーマという感じ
  3. 無難にまとまっている

BusinessPress公式サイト

Bootstrapベースでシンプル「Habakiri」

 HabakiriはBootstrapベースのシンプルなテーマです。

 HTML5+CSS3で開発されたレスポンシブデザインで、高速な表示が特徴。
 カスタマイザ―で配色やデザイン、ロゴ、ヘッダーなどをカスタマイズできます。

 Habakiriは、シンプルなデザインが好きな人に向いたテーマでしょう。

 実際に使ってみた感想は以下です。

  1. シンプルなデザインが好きな人向け
  2. カスタマイズ性は高くない。CSSやHTMLの知識がないとカスタマイズは難しい
  3. 独自ウィジェットはなしで設置箇所は普通
  4. 無難にまとまったザ・無料テーマ

シンプルかつ柔軟なブログ向けテーマ「First」

 Firstはシンプルなブログテーマで、初心者から本格的なブロガーまで対応しています。

 Firstは「普通のブログ」を目指して作られたテーマです。
 新しさを求めず、かといって古くもありません。
 普遍的で使いやすいデザインをFirstは実現しました。

 Firstの特徴は初心者でも使いやすいことです。
 テーマを有効にしてすぐ使えることを目指しました。

 カスタマイザ―から配色やヘッダー、背景などのカスタマイズも可能です。

 実際に使ってみた感想は以下。

  1. ザ・ブログ! です。ブログのスタンダードなデザインで、デフォルトでそのまま使える
  2. カスタマイズ性や機能性は低め。多くの操作がいらず、シンプルで使いやすい
  3. 初心者にとってとっつきやすいテーマ
  4. 初心者が自分でカスタマイズしていくのならおすすめできる

STINGER5をベースに必要な機能を追加「Giraffe(キリン)」

 Giraffe(キリン)はシンプルさで有名なSTINGER5をベースに、カスタマイズしたテーマです。

 デフォルトではテーマの名前通り、キリンのデザインになります。
 トップページに表示される大きな画像の告知スペースのインパクトは抜群。
 このファーストビューの画像を変更することで、かなりブログの印象が変わってきそうです。

 カスタマイズ性や機能は豊富とは言えません。
 後からプラグイン、CSSなどでカスタマイズしていく必要があります。

 以下は実際に使ってみた感想です。

  1. 軽い
  2. デザインがインパクトあり。トップ画像次第で印象が変わる
  3. 記事やコンテンツはスッキリとシンプルに整理されている
  4. カスタマイズ性、機能については物足りない

 初心者がブログを始めるなら、使ってみてもいいかもしれません。

Giraffe(キリン)公式サイト

まとめ

 今回の記事では、WordPressの日本語無料テーマ15選を紹介しました。
 上からおすすめ順になっていますが、上位のCocoonからBizVektorまでは甲乙つけがたい完成度。
 機能性、デザイン性などそれぞれに特徴のあるテーマばかりで、ランキングに悩みました。

 日本語の無料テーマは多くありません。
 しかし、それぞれに特徴があり、最適なテーマを使うことで目的のサイトを素早く作れるでしょう。

 個人的にはアフィリエイトならCocoon、Xeoryをおすすめします。
 ビジネス用やコーポレートサイトならLightningやBizVektorがよいでしょう。

 テーマで悩んでいるなら、まずはインストールしていろいろいじってみましょう。
 デフォルトのデザインやウィジェットの配置、機能の詳細をしっかりチェックしてください。

タイトルとURLをコピーしました