使っていないWordPressのテーマを削除する2つの方法

 WordPressのサイトデザインにテーマは欠かせないものです。
 WordPressをはじめた頃は、どんなテーマがいいのか迷ってついつい多くのテーマをインストールしてしまいがち。

 しかし、不要なテーマが多いと「容量がかさばる」「更新が手間」など多くのデメリットがあります。
 使っていないテーマを削除して、WordPressを整理しましょう。

 今回の記事では、テーマを削除するメリットやテーマの削除方法について解説します。

スポンサーリンク

WordPressで使っていないテーマを削除するメリット

 WordPressで使っていないテーマを削除することは、3つのメリットがあります。

  • 容量の節約
  • 更新の必要がなくなる
  • パフォーマンスの改善

 特に、2番目の更新の必要がなくなることは大きいです。
 使っていない不必要なテーマを削除して、WordPressの構成をシンプルにしましょう。

容量を節約できる

 WordPressのテーマの容量は、大きなものから小さなものまでさまざまです。
 たとえば、日本語の無料テーマで多機能を誇る「Cocoon」は、親テーマで32MBの容量があります。

 多くのテーマをWordPressにインストールしたままだと、サーバーの容量を圧迫します。
 特に、容量の小さいレンタルサーバーの場合、不要なテーマは積極に削除しましょう。

更新の必要がなくなる

 WordPressには更新があります。
 WordPress本体、プラグイン、テーマが更新の対象です。

 WordPress本体やプラグインは自動更新が設定できますが、テーマだけは手動で更新する必要があります。

 不要なテーマをインストールしておくと、テーマの更新がいちいち通知されます。
 更新通知を無視すると、重要な更新を見逃しかねません。

 しかし、不要なテーマ自体を削除してしまえば、更新通知も発生しません。

パフォーマンスの改善につながる

 WordPressはバックエンドでテーマやプラグイン、WordPress本体の更新があるかどうか確認します。
 バックエンドの動作が少なくなれば、それだけサーバーへの負担が少なくなるでしょう。

 不要なテーマやプラグインはできる限り削除するべきです。
 WordPressを整理することで、パフォーマンスの改善につながります。

WordPressのテーマの削除方法

 WordPressのテーマの削除方法は2つあります。

  1. 管理画面からテーマを削除
  2. FTPでテーマを削除

 テーマを削除する場合、基本的には管理画面からの操作をおすすめします。
 FTPからだと、使っているテーマや親テーマも削除できてしまうためです。

 それぞれの削除方法について解説します。

管理画面からテーマを削除

 WordPressの管理画面からテーマを削除するには、以下の手順を行ってください。

  1. 管理画面の左サイドバー「外観」→「テーマ」を開く
  2. 使っていないテーマの上にカーソルを合わせ「テーマの詳細」をクリック
  3. 画面右下にある「削除」をクリック
  4. 「本当にこのテーマを削除しますか?」とポップアップされるので「OK」をクリック

 管理画面からテーマを削除する場合、使っている子テーマやその親テーマには削除ボタンが表示されません。
 そのため、必要なテーマを間違って削除することはないでしょう。

 多くの場合、管理画面からの削除をおすすめします。

FTPを使ってテーマを削除

 FTPソフトを使ってWebサーバーに接続し、直接テーマフォルダを削除する場合は以下の手順を行ってください。

  1. FTPソフトでWebサーバーに接続
  2. 「/wp-content/themes/」に移動
  3. 不必要なテーマであることを確認して削除

 FTPソフトで削除する場合、使っているテーマや親テーマであっても削除できてしまいます。
 本当に必要のないテーマかどうかしっかり確認しましょう。

 なお、削除したあとに復元することはできませんので注意してください。

WordPressでテーマを削除してはいけないケース

 WordPressでテーマを削除してはいけないケースや、残しておくことを検討するケースについて解説します。

使用中のテーマ

 使用中のテーマをうっかり削除しないように気をつけましょう。

 管理画面からなら削除ボタンが表示されないので大丈夫ですが、FTPから削除する場合は特に気をつけてください。
 普段使用しているテーマが削除されると、WordPressで記事の表示ができなくなります。

 また、削除してしまうと復元できないので注意が必要です。

親テーマ

 テーマをカスタマイズする場合、親テーマ(普通のテーマ)と子テーマを作ることがWordPressでは推奨されています。
 子テーマを使うことで、テーマを更新してもカスタマイズ内容が消えず、テーマ編集でのエラーを防ぐことが可能です。

 しかし、子テーマは親テーマがあって初めて動作します。
 間違って親テーマを削除してしまうと、子テーマは動作しません。

 管理画面からは親テーマが削除できませんが、FTPでは親テーマの削除できてしまいます。
 FTPからテーマの削除をするときは注意しましょう。

カスタマイズしたテーマ

 使用していないテーマでも、カスタマイズしたテーマは残しておくかどうか検討が必要です。
 テーマを削除してしまうと、カスタマイズした内容もすべて消えてしまいます。
 削除すれば、復元は不可能です。

 本当にもう使わないのかどうか、慎重に検討しましょう。

まとめ

 WordPressでのサイトデザインにテーマは欠かせません。
 しかし、使わないテーマを多く残していると更新が面倒ですし、サーバーの容量も使います。

 使わないテーマやプラグインは削除して、できるだけWordPressを整理しましょう。

 WordPressのテーマの削除は、管理画面とFTPの2つの方法があります。
 基本的には管理画面からの削除が安全でおすすめです。

 不要なテーマを削除して容量を減らし、更新の手間をなくしましょう。

タイトルとURLをコピーしました