簡単!WordPressにプラグインをインストールする3つの方法

 WordPressには6万種類近いプラグインがリリースされており、さまざまな機能の追加が可能です。
 ユーザーはプラグインをインストールして、実装したい機能を追加できます。

 プラグインのインストール方法は3つあります。

  1. 管理画面からインストール
  2. ZIPファイルを手動でアップロード
  3. FTPからインストール

 今回の記事では、インストール手順やインストール失敗の原因、その対処法についてわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

プラグインとは?

 プラグインとは、WordPressの機能を拡張するためのツールです。

 WordPressでは6万種類近くのプラグインがリリースされており、さまざまな機能が無料で追加できます。
 フォームやSEO対策、画像圧縮、サイト高速化、ショッピングカート、SNS連携などいろいろな機能をプラグインで実現可能です。

 プラグインは初心者でも手軽にインストールできます。
 プラグインを使って、WordPressを自由にカスタマイズしましょう。

プラグインの探し方

 プラグインは日本語で探せます。
 「WordPress ○○○(望む機能) プラグイン」とGoogleで検索しましょう。
 たとえば、問い合わせフォームがほしいなら「WordPress 問い合わせフォーム プラグイン」と検索してください。

 Googleで検索して見つからない場合は、WordPress公式サイトで直接検索しましょう。

WordPress プラグイン
何千もの無料プラグインを WordPress サイトの制作、カスタマイズ、強化に使用できます。

WordPressにプラグインをインストールする3つの方法

 プラグインをインストールする方法は3つあります。

  1. 管理画面からインストール
  2. ZIPファイルを手動でアップロード
  3. FTPからインストール

 もっとも一般的な方法は1.の「管理画面からインストール」です。
 2.の「ZIPファイルから手動でアップロード」は、WordPress公式に登録されていないプラグインの場合に利用します。

 「FTPからインストール」は、手間がかかるのでほとんど使いません。

 今回はXML Sitemapsをインストールします。
 XML Sitemapsは、サイトマップを自動生成してくれるプラグインです。

管理画面からインストール

 WordPress公式に登録されているプラグインなら、管理画面からインストールする方法がもっとも簡単です。

 管理画面から追加するには、以下の手順を行ってください。

  1. 「プラグイン」→「新規追加」を開く
  2. 検索窓にインストールしたいプラグイン名を入力
  3. 表示されたプラグインを「今すぐインストール」でインストール
  4. インストールした後に「有効化」をクリックして有効化

ZIPファイルを手動でアップロード

 WordPressのプラグインは、ZIPファイルでも簡単にインストールできます。

 まず、インストールしたいプラグインをZIPファイルでダウンロードしてください。

 ダウンロードしたら、WordPressの管理画面から「プラグイン」→「新規追加」→「プラグインのアップロード」を開きます。

 ZIPファイルのアップロード画面に遷移しますので、「ファイルを選択」でインストールするZIPファイルを選択しましょう。
 なお、ドラッグ&ドロップでも選択できます。
 選択したら「今すぐインストール」をクリックしてインストールしてください。

 アップロード画面になり、インストールが完了したら「有効化」ボタンが表示されます。
 クリックしてプラグインを有効化しましょう。

FTPからインストール

 プラグインをFTPからインストールするには、先ほどと同じようにプラグインをダウンロードしましょう。
 ダウンロードしたZIPファイルは解凍してください。

 解凍し終わったら、FTPソフトでサーバーに接続します。
 「/wp-content/plugins/」内に、解凍したファイルをアップロードしましょう。

 最後に管理画面から「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」を開き、プラグインを有効化してください。

プラグインの有効化・無効化・削除の方法

 プラグインの有効化・無効化・削除はどれも管理画面の「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」から行えます。

 なお、プラグイン画面では、一括操作したり自動更新をオンにしたりすることも可能です。
 自動更新をオンにすると、自動でプラグインがアップデートされます。

プラグインのインストールが失敗する原因と対処法

 プラグインのインストールに失敗する原因と対処法について解説します。

サーバーの容量不足

 サーバーの容量が不足していると、プラグインのインストールが失敗します。
 契約しているサーバーのコントロールパネルで、容量を確認しましょう。

 容量が足りなくなる原因としては、「画像や動画が容量を取り過ぎている」「契約したプランの容量が少ない」などが考えられます。

 画像が多いWebサイトは、EWWW Image Optimizerをインストールして画像を圧縮しましょう。
 容量が足りないときは、サーバーのプラン変更も検討してください。

PHPのセーフモード

 利用しているサーバーによっては、PHPがセーフモードの場合があります。
 PHPがセーフモードだと、プラグインがインストールできないことも。

 PHPのセーフモードをオフにするには、CGI版で動作させることが必要です。
 以下のコードを.htaccessに記載することで、PHPがCGI版として動作します。

AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php

ディレクトリのパーミッション

 ディレクトリのパーミッションが適切に設定されていない場合、プラグインがインストールできません。

 パーミッションとは、ディレクトリに対する権限のことです。
 パーミッションを変更することで、読み込みや書き込み、プログラムの実行が可能となります。

 パーミッションの変更はサーバーのコントロールパネルか、FTPソフトで接続して行います。
 「/wp-content/plugins」のパーミッションは「755」に設定するのが適切でしょう。

まとめ

 WordPressでは6万種類近いプラグインがリリースされており、さまざまな機能を実現できます。
 プラグインをインストールする方法は3つあります。
 「管理画面からインストール」「ZIPファイルを手動でアップロード」「FTPからインストール」です。

 管理画面からインストールするのがもっとも一般的で簡単ですが、WordPress公式に登録されていないプラグインはZIPファイルでアップロードしましょう。

 Webサイトに実装したい機能を、プラグインをインストールして実現しましょう。

タイトルとURLをコピーしました