WordPressでプラグインをインストールできない原因と対処法

 WordPressには6万種類近いプラグインがあり、さまざまな機能を実現できます。
 欲しい機能のほとんどは、プラグインを導入することで手に入れられます。

 そんなプラグインですが、インストールできないトラブルが起こることも。

「プラグインがインストールできない!」
「インストールできない原因と対処法は?」

 今回の記事では、「プラグインのインストール方法」「プラグインがインストールできないときの対処法」の2つを解説します。

スポンサーリンク

WordPressのプラグインをインストールする方法

 WordPressのプラグインをインストールする方法は3つあります。

  1. 管理画面からインストール
  2. ZIPファイルをアップロード
  3. FTPソフトでアップロード

 それぞれの方法について、手順をわかりやすく解説します。

管理画面

 管理画面からプラグインをインストールするのが、WordPressでもっとも一般的な方法です。
 プラグインを管理画面からインストールするには、以下の手順を行ってください。

 WordPressの管理画面から「プラグイン」→「新規追加」を開き、左上の検索窓にインストールしたいプラグイン名を入力しましょう。
 プラグインが表示されたら、「今すぐインストール」をクリックしてください。

 インストールが終わったら「有効化」をクリックして有効化しましょう。

 プラグインを削除するときは、「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」を開き、削除したいプラグインを「無効化」→「削除」してください。

ZIPファイル

 管理画面からZIPファイルをアップロードし、WordPressにプラグインをインストールすることもできます。
 WordPressのリポジトリで配布されていない場合には、ZIPファイルでダウンロードしてからインストールしましょう。

 管理画面から「プラグイン」→「新規追加」を開き、上部の「プラグインをアップロード」をクリックしてください。

 アップロード画面になりますので、あらかじめダウンロードしておいたZIPファイルをドラッグ&ドロップでアップロードします。

 ファイルが選択された状態になりますので、「今すぐインストール」をクリックしましょう。

 プラグインのインストールが完了したら、「有効化」をクリックしてプラグインを有効化してください。

FTP

 FTPソフトでサーバーに接続し、プラグインをアップロードする方法もあります。
 一般的には使いませんが、管理画面でプラグインのインストールに失敗したときに試してみましょう。
 ただし、ひとつ間違うとトラブルになりかねません。
 FTPソフトでアップロードする場合は慎重に行いましょう。

 まず、プラグインをあらかじめダウンロードし、ZIPファイルから解凍しておきましょう。

 FTPソフトを立ち上げて、サーバーに接続します。
 プラグインディレクトリは「/wp-content/plugins/」です。
 サーバーソフトで「wp-content」→「plugins」を開きましょう。

 「plugins」にダウンロードしたプラグインファイルをアップロードすれば、インストールが完了します。
 管理画面に戻り、「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」からプラグインを有効化しましょう。

WordPressのプラグインがインストールできない原因と対処法

 WordPressのプラグインがインストールできない原因と対処法について解説します。

サーバーのディスク容量不足

 サーバーのディスク容量が不足していると、プラグインを新規に追加できません。
 プラグインがインストールできないときは、ディスク容量不足に陥っていないかチェックしましょう。

 もしディスク容量不足の場合、対策は2つあります。

  1. 画像や動画を圧縮して空き容量を作る
  2. サーバーのプランを変更する

 画像や動画を圧縮して空き容量を作っても、いずれはまた容量不足に陥ります。
 おすすめはサーバーのプランを変更し、ディスク容量を増やすことです。
 ディスク容量の少ないプランしかない場合、レンタルサーバーの移行も検討しましょう。

PHPがセーフモード

 サーバーのPHPがセーフモードだと、プラグインがインストールできないことがあります。
 mixhostやエックスサーバー、ロリポップなどの有名サーバーでは起こりませんが、念のため確認しておきましょう。

 PHPがセーフモードの場合、CGIとして動くように設定することが必要です。
 ドメイン直下のディレクトリに.htaccessを設置し、以下のコードを記入しましょう。

AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php

 パソコンで「.htaccess」というファイル名が作れない場合、まずは「htaccess.txt」で作っておき、サーバー上にアップしてからリネームしてください。

ディレクトリのパーミッションの設定ミス

 「/wp-content/plugins/」ディレクトリのパーミッションは「755」に設定しておきましょう。
 「604」などに設定されていると、ファイルの書き込みやアップロードができず、インストールが失敗します。

 パーミッションの設定方法は、FTPソフトでサーバーに接続してパーミッションの変更を行いましょう。
 FTPソフトのFileZillaでは、以下の手順でパーミッションを変更します。

 「plugins」ディレクトリ上で右クリックし、「パーミッションを変更」をクリックしてください。

 パーミッションの入力欄に「755」と入力し、「OK」をクリックして変更完了です。

FTPアカウントの未設定

 WordPress5.0以上のバージョンではないと思いますが、FTPアカウントの未設定でプラグインがインストールできないことがあります。
 プラグインをインストールしようとすると、FTPの接続情報を求められ、わからずにインストールできないパターンです。

 FTPが未設定でインストールできない場合、以下のコードをfunctions.phpに記入しましょう。

define( 'FS_METHOD', 'direct' );

 functions.phpを編集する場合、子テーマを利用するのがベストです。
 子テーマは「Child Theme Configurator」を使うと、数分で作成できます。

WordPress.comを使っている

 WordPressにはWordPress.orgとWordPress.comがあります。
 一般的にWordPressと呼ばれるのはWordPress.orgの方で、レンタルサーバーにインストールして利用するCMSです。
 一方、WordPress.comはレンタルブログサービスの一種です。

 WordPress.comは無料ではプラグインが使えず、2900円/月のビジネスプランからプラグインが利用できます。

 WordPress.comは一般的なWordPressではありませんので、混同しないようにしましょう。

まとめ

 WordPressにプラグインをインストールする方法は「管理画面」「ZIPファイル」「FTP」の3つです。
 一般的には管理画面からインストールしますが、必要に応じてZIPファイルやFTPを使いましょう。

 プラグインがインストールできない原因には、「ディレクトリの容量不足」「PHPがセーフモード」「パーミッションの設定ミス」「FTPアカウントのみ設定」などがあります。
 プラグインがインストールできない原因を突き止め、個別に対処しましょう。

 WordPressはプラグインをインストールすることで、さまざまな機能を実現できます。
 Webサイトやブログに合わせたプラグインを、スムーズにインストールしましょう。

タイトルとURLをコピーしました