WordPressのテーマをインストールする3つの方法

 WordPressには数千種類以上のテーマが存在します。

 これからスタートするブログやWebサイトにとって、テーマ選びは非常に重要です。
 テーマはデザインテンプレートとして、デザインの土台を担います。
 くわえて、テーマにはさまざまな機能が搭載されていることも。

 最適なテーマを選べば、Webサイトのカスタマイズも簡単になります。

 今回の記事では、そんなWordPressのテーマのインストールについて、3種類の方法を解説します。

スポンサーリンク

WordPressのテーマの入手方法

 WordPressのテーマは、信頼できる配布元から入手しましょう。

 もっとも一般的なのは、WordPressのリポジトリです。
 「WordPressの公式リポジトリ」では9000個以上のテーマを配布しています。

 そのほかに、有料テーマで有名なのは「ThemeForest」です。
 ThemeForestでは1万4000以上ものテーマが販売されています。

 テーマは海外製だけでなく、日本語の無料・有料テーマも配布されています。
 日本語無料テーマは、以下の記事を参考にしてください。

WordPressのテーマの選び方

 WordPressのテーマをインストールする前に、テーマの選び方について解説します。

無料・有料のどちらにするか決める

 WordPressのテーマには無料版と有料版があります。

 無料版のメリットは以下です。

  • コストがかからず、いつでも変更できる
  • WordPress公式リポジトリのテーマは正式に承認され、品質が保証されている

 ただ、日本語無料テーマに限るなら、数は多くありません。
 ですので、デフォルトのまま使うのであればユニークさに欠けるでしょう。

 有料テーマのメリットは以下です。

  • サポートが受けられる
  • しっかりアップデートされることが多い

 有料テーマのデメリットはやはりコストです。
 買い切りの有料テーマが多いですが、中には年間利用料が必要な製品もあります。

テーマの機能を検討する

 テーマを選ぶときは、構築したいWebサイトに必要な機能を検討しましょう。
 たとえば、以下のような機能が搭載されているテーマもあります。

  • SNSシェアボタン
  • AMP設定
  • サイト高速化
  • 広告タグのショートコード化
  • Googleアナリティクス・Googleサーチコンソールとの連携機能
  • CTA(コールトゥーアクション)機能
  • 文章の装飾機能

 どのようなWebサイトを構築するかによって、必要とする機能は異なります。
 しっかり必要な機能を洗い出しましょう。

信頼性のある配布元を利用

 HTMLやCSS、PHPなどのスキルがあれば、WordPressのテーマは誰にでも開発できます。
 逆説的に、中にはバグだらけのテーマや、雑なコーディングのテーマが存在するといういこと。

 信頼性のある配布元のテーマを利用しましょう。
 無料テーマを使うなら、WordPressのリポジトリから探すのがもっとも安心です。

 それ以外で探す場合は、口コミや開発者の評価、ダウンロード数を確認しましょう。
 日本語無料テーマは、WordPressのリポジトリに登録されていないことが多いです。
 「WordPress 日本語テーマ 無料」などで検索するのがおすすめです。

レスポンシブデザイン

 レスポンシブデザインとは、端末に合わせてページレイアウトを最適化するデザインです。
 1つのファイルでパソコンやスマートフォンに表示できるため、パソコン版とモバイル版のWebページを作る必要がありません。

 WordPressのほとんどのテーマはレスポンシブデザイン対応です。
 しかし、中には対応していないものも。

 念のため、レスポンシブデザイン対応かどうか確認しましょう。

サポートがあるか確認

 無料テーマでもサポートが受けられるケースがあります。
 開発者がコミュニティを運営していたり、直接開発者に問い合わせできたりします。

 もちろん、サポートがない無料テーマも多いです。
 カスタマイズのためにサポートが必要なら、事前に確認しておきましょう。

WordPressでテーマをインストールする3つの方法

 WordPressでテーマをインストールする方法は3つあります。

  1. 管理画面からインストール
  2. ZIPファイルでインストール
  3. FTPでインストール

 それぞれの方法について解説します。

管理画面からインストール

 WordPress公式リポジトリからテーマをインストールする場合、管理画面から行えます。

 「WordPress管理画面」→「外観」→「テーマ」→「新規追加」をクリックしてください。

 以下のような画面が開き、「人気」「最新」「お気に入り」などからテーマが選べます。
 ほかにも、特徴フィルタを使えば「使用用途」「機能」「レイアウト」でテーマを絞り込めます。

 インストールするには、テーマの上にカーソルを合わせ「インストール」をクリックしましょう。
 その後、有効化すればテーマが適用されます。

ZIPファイルでインストール

 WordPressのテーマは、配布元からダウンロードしたZIPファイルでインストールできます。
 まず、配布元からテーマをダウンロードします。
 次に、「WordPress管理画面」→「外観」→「テーマ」→「新規追加」をクリック。

 「テーマを追加」画面で「テーマのアップロード」を開きます。

 次に「ファイルを選択」でダウンロードしたZIPファイルを選択し、「今すぐインストール」をクリックしましょう。

 最後に、テーマを有効化すればインストール完了です。

FTPでインストール

 WordPressのテーマは、FTPで直接サーバーにアップロードすることもできます。
 その場合、ZIPファイルは解凍してフォルダにしておきましょう。

 FTPでアップロードする手順は以下です。

  1. FTPソフトでサーバーに接続
  2. 「/wp-content/themes/」にテーマファイルをアップロード
  3. 「WordPress管理画面」→「外観」→「テーマ」からアップロードしたテーマを有効化

インストールが失敗する原因と対処法

 WordPressにテーマをインストールしようとすると失敗することがあります。
 失敗する原因と対処法について解説します。

アップロード制限に引っかかる

 「upload_max_filesizeを超過しています」といったエラーが出る場合、php.iniのアップロードファイルサイズが小さすぎます。

 サーバー管理者に問い合わせるか、コントロールパネルから設定しましょう。
 もしくは、FTPソフトでテーマを直接サーバーにアップロードしてください。

PHPのバージョンが古い

 「Parse error: syntax error, unexpected T_FUNCTION in……」とエラーが表示される場合、PHPのバージョンが古い可能性があります。

 サーバーにPHPのバージョンを確認し、バージョンアップしてください。
 その後、再度テーマのインストールを試してみましょう。

テーマが破損している

 テーマをインストールした直後に画面が真っ白になった場合、テーマが破損していた可能性があります。
 インストールしたテーマを、FTPソフトで削除してください。
 サーバーを直接操作するので、ほかのファイルやフォルダを削除しないように気を付けましょう。

 削除し終わったら、再度WordPressにログインしてください。

プラグインとの相性問題

 ごくまれにプラグインとテーマの相性問題で、テーマがインストールできないことがあります。
 原因のプラグインを突き止めるため、一度、すべてのプラグインを無効化しましょう。
 その後、1つずつ有効化して問題が起きないか確かめてください。

 問題が起きたプラグインを削除するか、違うテーマに切り替えるか検討しましょう。

テーマ自体にバグがある

 インストールしたテーマ自体にバグがある場合があります。
 この場合、サッパリとそのテーマは諦めましょう。

WordPressのテーマの削除方法

 WordPressのテーマの削除方法は2つあります。
 管理画面から削除する方法と、FTPから削除する方法です。

 2種類の削除の方法は以下の記事で解説しています。

まとめ

 WordPressではさまざまなテーマがリリースされており、デザインもテーマによって異なります。
 特徴的な機能を搭載しているテーマも珍しくなく、無料テーマで多機能なものもあります。

 テーマ選びでは、無料にするか有料にするかをまず決めましょう。
 その後、構築するWebサイトに必要な機能やデザインを洗い出し、最適なテーマを絞り込んでください。

 WordPressはテーマのインストールが驚くほど簡単です。
 初心者でも数クリックで、素敵なテーマをインストールできます。

 デザインや機能を見極め、自身のWebサイトに適したテーマをインストールしましょう。

タイトルとURLをコピーしました