3分でできる!mixhostのPHPのバージョンを確認・変更して高速化

「mixhostを利用しているけど、現在のPHPのバージョンがわからない」
「mixhostでPHPの最新バージョンを利用したい」

 そんな人のために「mixhostでPHPのバージョンを確認する方法」と「PHPのバージョンを変更する方法」について解説します
 この記事を読めば3分でPHPのバージョン変更が行えます。

 PHPのバージョンが最新だと表示速度が速くなります。ユーザビリティやSEOの観点からも表示速度は非常に重要です。
 mixhostでPHPを最新バージョンにして、快適にWordPressを運用しましょう。

スポンサーリンク

PHPのバージョンはページ表示速度に影響

 上記のグラフはWordPress4.1.1をPHPで動作させたときのスピードです。PHP5に比べてPHP7は2倍以上速くなっています
※HHVMはPHPと互換性のある言語です。気にする必要はありません。

 サイトの表示速度はSEOやユーザビリティの観点から重要です。
 Amazonの調査では、サイトの表示速度が0.1秒遅くなると売り上げが1%減少する結果となっています。

 くわえて、SEOでもサイトの表示速度は重視されます。
 Googleは2018年にページの読み込み速度を要素として採用すると発表しました。ページの表示速度が遅いと評価を下げられます。
 SEOでも表示速度によって検索順位が左右されるのです。

 だから、レンタルサーバーではできるだけ最新のPHPのバージョンを使用するべきです
 mixhostならPHPのバージョンを簡単に確認・変更して最新にできます。

mixhostで現在のPHPのバージョンを確認

 mixhostで現在のPHPのバージョンを確認する方法は3つあります
 どの方法で確認しても問題ありません。自分にとって簡単と思える方法を利用してください。

 この記事を書いている時点でPHPの最新バージョンはPHP8.0ですが、mixhostで採用されているPHPのバージョンは7.4までになっています。
 最新バージョンは安定が確認されてからmixhostで利用できるようになります。

WordPressのサイトヘルスでPHPのバージョンを確認

 WordPressをインストールしているなら、WordPressの管理画面からPHPのバージョンを確認するのが手軽です。確認は以下の手順に出行ってください。

  1. WordPressの管理画面にログイン
  2. 左側メニューの「ツール」→「サイトヘルス」を選択
  3. 「ステータス」「情報」とタブが並んでいるので「情報」を選択
  4. 「サーバー」を選択するとPHPのバージョンが表示されます。

mixhostのcPanelからPHPのバージョンを確認

 WordPressをインストールしていないなら、mixhostのcPanelからPHPのバージョンを確認するのが手っ取り早いです

  1. マイページからcPanelにログイン
  2. カテゴリ「ソフトウェア」の「MultiPHP マネージャー」を選択
  3. ドメインごとにPHPのバージョンが表示されるので確認

FTPでphpinfo()関数を利用してPHPのバージョンを確認

 管理画面から確認できず、WordPressもインストールしていないならphpinfo()関数を使用してPHPのバージョンを確認しましょう。mixhostでは使わない方法ですが、他のサーバーでも利用できる方法です

 以下の手順で、phpinfo()関数を利用してPHPのバージョン確認を行いましょう。

  1. info.phpファイルを作成
  2. 後述するコードをファイルにコピペ
  3. FTPでmixhostにアップロード
  4. ブラウザからinfo.phpファイルにアクセス
<?php
phpinfo();
?>

 ブラウザからinfo.phpにアクセするするとPHPのバージョンや詳細が表示されます。

mixhostでPHPのバージョンを変更する方法

 mixhostでPHPのバージョンを変更するのは簡単です。以下の手順で行ってください。

  1. マイページからcPanelにログインする
  2. カテゴリ「ソフトウェア」の「MultiPHP マネージャー」を選択
  3. ドメインごとにPHPのバージョンが表示されているので確認
  4. PHPのバージョンを変更したいドメインにチェックを入れる
  5. 右上のPHPのバージョンを選んで「適用」を選択

PHPのバージョンを最新に自動変更できる?

 PHPの新しいバージョンがリリースされても、mixhostやWordPressから通知は来ません。WordPressのサイトヘルスで通知されるくらいです。
 ですので、PHPの新しいバージョンがリリースされたら自分で変更する必要があります。

 「自動で新しいPHPのバージョンを適用してくれたらいいのに」と考える人もいるでしょう。しかし、自動的に最新のPHPを適用してくれるサービスをmixhostは提供していません

 なぜなら、PHPの最新バージョンを適用すると不具合が起こる可能性があるからです。

 PHPのバージョンを変更すると、テーマやプラグインで不具合が発生する可能性があります。問題が発生したらPHPのバージョンを元に戻しましょう。

mixhostのWordPress高速化にはLite Speed Cacheも有効

 PHPの新しいバージョンを適用するのは、表示速度が高速になるからです。PHP7はPHP5の約2倍で動作します。その分、WordPressの動作も速くなります。

 表示速度が速ければ速いほど、ユーザーは快適にサイトを閲覧できます。

 PHPのバージョンアップ以外にもサイトを高速表示する方法があります。それがWordPressのプラグインである「Lite Speed Cache」です
 mixhostはWebサーバーにLiteSpeedを採用しているため、Lite Speed Cacheとの相性は抜群です。
 Lite Speed Cacheにはいくつものメリットがあります。

  1. mixhost公認のプラグインでトラブルが少ない
  2. サーバーキャッシュで高速化と転送量の削減が可能
  3. HTMLやCSS、JavaScriptファイルを圧縮して最適化
  4. 画像遅延機能(レイジーロード)搭載
  5. 画像を最適化しWebPに自動変換して置き換え
  6. CDNの導入が容易
  7. データベースを最適化

 WordPress高速化にキャッシュ系プラグインは欠かせませんが、他のプラグインとの相性やトラブルが心配です。しかし、Lite Speed Cacheはmixhost公認でトラブルが少ないです。
 Lite Speed Cacheは使い方も難しくありません。

 mixhostでサイトの高速化を目指すなら、ぜひ導入しておきたいプラグインです。

PHPのバージョンに合わせてWordPressも常に最新に保とう

 PHPのバージョンを最新にしても、WordPressのバージョンが古いと問題が発生します。WordPressは小まめにバージョンアップされています。
 できるだけ最新バージョンにアップデートしましょう。

 WordPressをアップデートする理由は3つあります。

  1. WordPressのバグが改善
  2. セキュリティの脆弱性が改善
  3. 新しい機能が利用できる

 WordPressのアップデート方法は簡単です。

  1. WordPressの管理画面にログインする
  2. 左側メニューの「ダッシュボード」→「更新」を選択
  3. 新しいバージョンのWordPressがある場合は「WordPressの新しいバージョンがあります」と表示される
  4. 「今すぐ更新」を選択してアップデートする

 記事によっては「プラグインをすべて停止する」「バックアップを取る」などが推奨されていますが、筆者の経験から言えば必要ありません。
 プラグインそのまま、バックアップなしで筆者はいつも更新しています。

 更新のたびにバックアップを取ったり、プラグインを停止していたりしては利便性を損ないます。

まとめ

 PHPのバージョンが古いままだと表示速度が遅くなります。くわえて、WordPressのバージョンとの齟齬が生じることもあります。PHPもWordPressも常に新しいバージョンを保ちましょう。

 PHP5に比較してPHP7は2倍以上の速度です。
 サイトの表示が高速化すればユーザビリティの向上、SEO効果が見込めます。

 mixhostでPHPのバージョンの変更は簡単です。cPanelから3分もあればPHPのバージョン変更ができます

 mixhostでPHPのバージョンを最新にして、快適にWordPressを運用しましょう。

 mixhostの口コミや評判について以下の記事で解説しています。

タイトルとURLをコピーしました