mixhostでSSLをWordPressにスムーズに設定

 今やSSL化は当たり前の時代です。

 SSLとはセキュアにサイトを運営する仕組みの1つです。
 しかし、設定が多かったり難しかったりすると面倒ですよね。

 mixhostは自動でSSL化してくれますので、面倒な設定が必要ありません。mixhostでSSLを設定する方法や、WordPressへの適用方法を解説します。
 くわえて、SSLへのURLの正規化手順についても紹介します。

スポンサーリンク

SSLとは?

 SSLとはSecure Sockets Layerの略語で、インターネット上のブラウザとサーバー間のデータのやりとりを暗号化する仕組みのことです。

 インターネット上でやりとりされる氏名や住所、メールアドレス、アカウント、パスワードなどの個人情報は常に悪意ある第三者から狙われています。

 SSLは暗号化することで盗聴を防ぎ、セキュリティを向上させる仕組みです。

 SSL化されたURLは「https://」と「s」がつきます。Chromeなどのブラウザでは「https://」部分が省かれ、その代わりに鍵マークが表示されます。

mixhostの無料独自SSLは自動

 mixhostは「無料独自SSL」を備えています。ドメインを登録すると自動でSSL化し、SSL証明書を発行してくれます。

 SSL化するメリットは情報の暗号化だけではありません。
 SEOでもSSL化したURLは有利になります

 もし、mixhostでSSL化のエラーが起こったとき、大抵はネームサーバー側に原因があります。ネームサーバーを変更していなかったり、変更ミスをしていたりが原因です。
 一度、ネームサーバーの設定をチェックしてみましょう。

 ネームサーバーを正しく変更した場合、mixhostでサイトがSSL化されるまで24時間から72時間かかります。

少しでも早くmixhostをSSLするには

 24時間から72時間も待てない! という人は、mixhostのSSL化で以下の方法を試してください。

ネームサーバーを変更してからドメインを追加

 ネームサーバーを変更し、1時間ほどしてからドメインを追加してください。
 ドメインの追加はmixhostのマイページからcPanelにログインして行いましょう。

手動でSSL証明書を発行

 すでに独自ドメインを設定しており、ネームサーバーを変更している人は手動でSSL証明書を発行しましょう。
 手動でSSL証明書を発行するにはcPanelにログインします。

  1. 「セキュリティ」カテゴリの「SSL/TLS Status」を選択
  2. 青いボタン「Run AutoSSL」を選択
  3. 「Run AutoSSL」を選択すると通常、30分ほどでSSL証明書が発行されます
  4. ブラウザで「https://」として接続して確認しましょう

WordPress側で行うSSLの設定

 すでにWordPressをmixhostにインストールしているなら、WordPress側の設定も必要です。

  1. WordPressにログイン
  2. 「設定」から「一般」を選択
  3. 「一般設定」にある「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」を「http://」から「https://」に書き換える
  4. 「変更を保存」を選択
  5. 一旦ログアウトするので再びログインする
  6. ログイン後、URLが鍵マークになっていることを確認

SSLのURL正規化は必要か?

 「SSLのURL正規化」とは、HTTPで接続してもHTTPSに301リダイレクトさせることです。301リダイレクトさせることで、検索エンジンにはHTTPSのURLが正規のものだと示せます。
 くわえて、ユーザーもHTTPSのURLを統一して使うことができます。

 多くの記事では「SSL化したらURLを正規化しよう」と書かれていますし、もちろん正規化するのが正しい手順です。
 しかし、正規化してSEO効果があると謳っている記事は眉唾です。

 2015年のGoogleの記事(Google ウェブマスター向け公式ブログ [JA] : HTTPS ページが優先的にインデックスに登録されるようになります)によれば、正規化していなくてもSEO効果は変わらないようです。

 さらに、GoogleはSSL化したURLを優先的にインデックスします。
 つまり、URLをSSLに正規化しなくても大きな問題は起きません。

 面倒なら正規化はしなくてもOK

気になる場合はmixhostのファイルマネージャーからSSLを正規化

 とはいえ、SSL化したURLを正規化するのは簡単です。.htaccessファイルを書き換えればいいだけ。

 .htaccessファイルに以下をコピペしましょう。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

 書き換えはFTPを使ってもいいですし、mixhostのファイルマネージャーからでもよいでしょう。ファイルマネージャーからは以下の方法で書き換えてください。

  1. cPanelにログイン
  2. 「ファイル」カテゴリから「ファイルマネージャー」を選択
  3. 「public_html」アイコンをダブルクリック
  4. 正規化したいドメインのアイコンをダブルクリック
  5. 画面右上にある「設定」を選択
  6. 「非表示ファイルの表示」にチェックを入れる
  7. 「Save」を選択
  8. .htaccessファイルが現れるので「Edit」を選択
  9. 先頭部分に先ほどのコードをコピペして保存

まとめ

 ユーザーや通信の安全性を考えればサイトはSSL化すべきです。くわえて、SEO的にもSSL化した方が有利に働きます。
 セキュアなサイト運営にSSL化は欠かせません。

 mixhostでドメインを設定すると自動でSSL化してくれます。ほとんどSSL化を意識することなく、そのままWordPressをインストールして利用できて便利です。

 サイトのSSL化を検討しているならmixhostはおすすめのレンタルサーバーです。
 くわえて、ピュアSSDでWordPressに最適化されているため、表示が高速でスムーズな運用が可能です。

 今なら30日間返金保証(実質、1ヶ月間無料お試し)が利用できます。
 セキュアで高速なmixhostを試してみましょう。

 mixhostの評判や口コミは以下の記事にまとめています。

タイトルとURLをコピーしました